北海道旅行記2014 ③  ~ 登別温泉 ~

この日は札幌 → 登別温泉に移動。

北海道は温泉天国らしい。
函館にも、札幌にも、余市にも小樽にも地元民御用達の日帰り温泉が普通にあったな。
そういうローカルな入浴施設大好きなんだけど、今回は王道の登別を訪れてみることに。

1泊目はホテルまほろばに宿泊。

札幌市内から宿泊者専用の無料送迎バス(所要90分程)も出ていて移動も大変便利。

チェックイン早々、大浴場へと向かう。

f0038727_1632548.jpg
(写真はHPより拝借↑)

こちらのホテルでは4種類の泉質を31種類のお風呂で楽しめるそう。

広々とした濁り湯の露天風呂が気持ち良かった。
けれど、この翌日に宿泊したホテルの温泉が凄すぎて、
正直こちらの風呂はあまり印象がない^^;

このホテルは「三大ガニ食べ放題付バイキング」に定評がある。
カニも凄かったけど、その場で料理人が焼いてくれるステーキとか、殻付ホタテ貝とか、
自分で作れる海鮮丼(イクラ盛り放題)などもインパクトがあったな。

f0038727_1633871.jpg
(写真はHPより拝借↑)

私達はタラバ、ズワイ、毛ガニとある中で、ほとんど毛ガニだけに集中して食べた(笑)

f0038727_16332380.jpg

〆に食べたラーメンも、デザートもちゃんと美味しかった。

f0038727_16333422.jpg

そうそう、宿泊した日は登別で地獄祭りなるものが開催されており、
鬼や閻魔様がやってきたり、温泉街に屋台が出ていたりと思いがけず祭り気分も味わえた。

f0038727_16274173.jpg

さて、翌日はホテルまほろばを11時にチェックアウトして、
そこから徒歩5分の、第一滝本館に移動。そしてチェックイン(笑)

料理はまほろば!風呂は第一滝本館!という数多くの口コミを目にして、
どちらにしようか悩んだけど、決められなかったので両方泊まってみたという。

とりあえずフロントに荷物を預けて地獄谷へ行ってみた。

登別では温泉に入る以外、何も予定を立てていなかったけど、
地元の方に「地獄谷~大湯沼~天然足湯」のハイキングを勧められ急遽挑戦してみることに。

f0038727_16335219.jpg

でも、これがすごく良かった!

f0038727_1634936.jpg

大地から立ち上る蒸気、四季を感じられる自然、濃い空気。

どれも力強くて、生命力に溢れた地球を思う存分体感できた。

f0038727_16341967.jpg

大湯沼は一見普通の湖なのに、よく見ると湯気がモクモク。

f0038727_16343024.jpg

なんでも沼底では約130℃の硫黄泉が激しく噴出しており、表面温度も約50℃あるのだとか。

良い天気だったこともあるけど、大湯沼周辺は暑くて暑くて、
途中上着を脱いでノースリーブになったほど(天然スチームサウナ?)。

f0038727_16343960.jpg

大湯沼からさらに20分ほど歩くと、今度は天然足湯が現れる。

f0038727_16345468.jpg

余談だけど、私は温泉街の駅前などによくある足湯には絶対入らない。
不特定多数の人がその場で靴と靴下脱いで、
洗いもせずに足突っ込むなんてヒェ~!と思ってしまうので・・。

けれど、ここの足湯は見るからに分かる、正真正銘の源泉かけ流し!!

f0038727_1635214.jpg

大湯沼から流れ出ている超天然の温泉らしい。

す、すごい!

f0038727_16351287.jpg

一見、山の中を流れる普通の川だけど、体感で45℃はあるかな?
ちょっと熱めの湯が、歩き疲れた足に沁みて気持ち良い。

周りは外国人観光客がほとんどだったけど、これは世界に誇れるわ!

さて、旅のクライマックスは旅行前からかなり楽しみにしていた第一滝本館への宿泊。

ホテルのHPに載っているこの写真 ↓ のインパクトが強くて、
いつか絶対に泊まりたいと思っていた宿の1つ。

f0038727_16352484.jpg
(写真はHPより拝借↑)

大浴場から地獄谷を正面に望めるなんてすごい!
ここでは7種類の泉質の湯を、1500坪もの広さを誇る大浴場で楽しめるのだ。

壮大な景色を眺めながら上質な温泉に入れる解放感ったらこの上ない。

f0038727_163539100.jpg
(写真はHPより拝借↑)

噂通り、泉質、広さ、ロケーション、清潔感、脱衣所の使い易さなどなど、
どれを取っても本当~に素晴らしかった!

第一滝本館は巨大旅館だけど、
さすが老舗と思わせる心遣いが随所に感じられて良かった。
次回登別行くことがあったら、やっぱり第一滝本館に泊まるだろうな。

f0038727_16354866.jpg

夜は地獄谷で花火大会も行われ、夏の良い思い出ができた。
この日は無風だった為、煙が流れず、30分間地獄谷が爆発しているようにしか見えなかったというオチあり(↓)。

f0038727_16361017.jpg

東京に帰宅後、札幌から実家へ送っておいた海産物等を取りに行き、
しばらくの間、家でも贅沢な食卓を楽しんだ。

f0038727_1636206.jpg

そして今回の北海道旅行で気付いてしまったことがある。

北海道ではただの水道水がミネラルウォーターのように冷たくて美味しかったり、
空気が美味しかったり、安全で美味しい食材が手軽に近所で手に入ったりする。
そんなことにいちいち感動している自分がいた。
逆に言うと、普段の生活の中で、それら全てにストレスを感じていると言うことだ。
原発事故以来、この水や空気や食物は本当に安全なのだろうかと日々疑念を抱いている。
食材は産地を細かくチェックして、納得したものしか購入していない。
そんな日々にちょっと疲れていたのかも。
今自分が求めているものが「キレイな水と空気と食材」だったとは!

あー、札幌に住みたくなっちゃったなー。

ただし・・・、


雪が降らなければね!!


1年のうち半分以上は雪と共に送る生活。想像すら出来ない。
結局はどこも長所、短所があり、自分達が何を優先するかだよね。

でも今まで様々な街を訪れたけど、「住みたい」とまで思ったのは、
ニューヨークと、そして札幌だけ。何でもアリならハワイとか住みたいけどさ(笑)

最近スーパーでも北海道産の野菜や魚が売っていると思わず手に取ってしまう。

先日作った北海道産真カレイのみぞれ煮(↓)。

f0038727_16363137.jpg

北海道産のジャガイモで作ったマッシュポテトをホワイトソース替わりに使用した、
ナスとキノコのミートソースグラタン(↓)。

f0038727_1113839.jpg

そして余市を訪れたご縁で、何となく見始めたNHKの朝ドラ「マッサン」。
最近はすっかりハマってしまい、主題歌「麦の唄」がずーっと頭の中を流れている。。
エリーの決意が伝わってきて朝から泣ける。

♪ 懐かしい人々 懐かしい風景
 その全てと離れても あなたと歩きたい
 嵐吹く大地も 嵐吹く時代も
 日差しを見上げるように あなたを見つめたい
 麦に翼は無くても 歌に翼があるのなら
 伝えておくれ故郷へ ここで生きてゆくと
 麦は泣き 麦は咲き 明日へ育ってゆく


■You Tube 「麦の唄」
https://www.youtube.com/watch?v=FSsGY_mLjwI

f0038727_14251768.jpg

当時の国際結婚がどれほど大変なものだったか。
本当はドラマで描かれている以上のドラマや苦労があったに違いない。
それでも二人は、周囲に何を言われようとも、最後の最後まで愛を貫いた。
何十年もかかったけれどあの素晴らしい蒸留所も完成させた。それが真実。

ちなみにマッサンとうちの相方は広島の同じ地域出身。
同じ言葉を喋るし、1つの事に一生懸命になると周りが何も見えなくなる所も似ている。
うちなんて西日本出身と東日本出身ってだけで文化の違いにいまだ戸惑っているのだから。
エリー頑張って!とTVの前で勝手に共感している。

二人の舞台はスコットランド → 広島 → 大阪 → 北海道へと移り変わって行く。

この夫婦を見ていると、いつも思い出す言葉がある。

 生まれた場所が、永遠の場所ではない。
 生まれついたものが、永遠のものではない。
 変わらないものも、変えられないものもない。
 得るものもあれば、失うものもある。

 ただ、誰の上にも等しく訪れる死のとき、
 先に行く者に、恥ずかしくないように、
 生き残った私は、前に進もう。

(おのりえん/「メメント・モーリ」より)


私も今いる場所が永遠ではないと思っている。
変えられないものもあるけれど、変えられるものもあると思っている。
得るものが大きいだけ、失うものも大きいと思っている。
それでも自分達が選んだ道を手を取り合って前に進むしかない。


北海道旅行記2014 終わり(やっと)。

夏の話なのに、気付けばもう10月も終わろうとしている。
札幌は今日(10/22)にでも初雪が降りそうなんだって^^;
いや~更新頻度の低いブログだな。


[PR]
by gara_romance | 2014-09-01 00:00 | 日本
<< 狂言ござる乃座51st & 桜... 北海道旅行記2014 ②  ~... >>


今日は人生の1ページ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
お知らせとリンク
リンクフリーです。ご意見、ご質問、連絡事項等ございましたらお気軽にコメント欄までお願いします。

写真販売を地味に行っています。

もっと上手な人達の写真はこちら。
ロイヤリティフリー。525円~。




1日ワンクリックで気軽に募金


○○ リンク集 ○○
いろとりどりのせかい
Simone Tetti's Portfolio
Whitesands@与論島
シアトル在住4年目-日々思うこと
blog atamista
My Life
半径100マイル

Flag Counter
from August, 2013

カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧