トンネルを抜けると・・・

関東では青空が広がり小春日和だったこの日。。
都心からたったの2時間半、全長10,926mの関越トンネルを車で抜けるとそこはまるで別世界!

f0038727_16111352.jpg

東京では今年見ることが出来なかった、雪景色を見ることができた。
NHKの大河ドラマ「天地人」ゆかりの南魚沼市へいざ。

コシヒカリの名産地だけあって雪が降り積もった白い田んぼが延々と続く。
華やかさとは無縁の地。だけど、あの素晴らしいお米はここで育つのだ。

f0038727_17132059.jpg

農家直営店で試食した、炊き立てのコシヒカリの美味しさったら!
でも、東京で日々節約&自炊生活を心がけている身としては、
いつも食べているお米の倍以上のお値段もするコシヒカリはちょっと贅沢すぎる。。
なので1kgだけ購入。家で大切に、感謝しながら一口ずつ味わっていただこうと思う。

f0038727_1644465.jpg

「味噌なめたか」で有名な関興寺も訪れた。
あの鎌倉の円覚寺派のお寺さんでもあるという。
禅寺へ足を踏み入れるといつも独特の空気が張り詰めているなと感じる。
お寺の宗派など詳しいことは良くわからないけれど、私はなぜか禅寺に惹かれる。

f0038727_19351653.jpg

質素で厳しい禅寺の生活に味噌は欠かせないものであり、昔から寺では修行僧の為に味噌を作り貯えていた。天正6年上杉謙信没後、御館の乱で諸堂が焼失した際、関興寺の住職は上杉氏より寄進された大般若経六百巻を味噌桶の中に埋めて戦火から守った。以来、この味噌をいただけば福徳を授かることができると言われ、「関興寺の味噌なめたか」の言葉が生まれたそうだ。

また厳しい修行や勉学を体得できるお寺としても有名であった為、
「関興寺の味噌なめたか」は、「もう関興寺で修行をしたか」という意味でも使われたそうだ。
「天地人」に出てくる雲洞庵の「雲洞庵の土踏んだか」も、同じ意味で使われたのだとか。

「利」より「義」を重んじた上杉謙信、そして景勝、直江兼続を育てたこの地方、
これから注目されること間違いなしだが、現代の人も学ぶべきことが沢山あるのかもしれない。
関興寺でお味噌をなめながら、そんなことを考えていた。

さて、今回の旅は冬を満喫・・・ということで、冬といえばスキーでもスノボでもなく・・・、
心残りがないよう、この冬最後に私が選んだのは・・・、

そう!
カニ食べ放題!!

f0038727_1828467.jpg

日本海の冬の幸を思う存分堪能!
日常の中でカニを食べられる機会なんてそうそう無いので、軽く4杯は食べた・・・。

最後は石打ユングパルナスで雪見露天風呂を楽しんで、この冬最後の旅を締めくくった。

日本は小さな国だけど、どこへ行ってもその土地ならではの美味しいものが待っているし、
四季折々の自然が美しいし最高だなと思う。

いま日本が面白い。



☆人気blogランキングへ☆

[PR]
by gara_romance | 2009-03-07 19:42 | 日本
<< 北陸の味 たかが夢、されど夢 >>


今日は人生の1ページ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
お知らせとリンク
リンクフリーです。ご意見、ご質問、連絡事項等ございましたらお気軽にコメント欄までお願いします。

写真販売を地味に行っています。

もっと上手な人達の写真はこちら。
ロイヤリティフリー。525円~。




1日ワンクリックで気軽に募金


○○ リンク集 ○○
いろとりどりのせかい
Simone Tetti's Portfolio
Whitesands@与論島
シアトル在住4年目-日々思うこと
blog atamista
My Life
半径100マイル

Flag Counter
from August, 2013

カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧