桜舞う・・・伊勢志摩路

品川発6:00(始発)の新幹線に乗り込み、9時半伊勢到着。

まずは外宮を参拝。

f0038727_15262764.jpg

今年は式年遷宮。真新しい正殿が完成間近の様子。
旧正殿を拝めるのはきっとこれが最後だろう。

f0038727_15263870.jpg

外宮の正殿付近は特に神聖な空気が流れている気がして神宮の中で一番好きな場所。

f0038727_1527342.jpg

三ツ石に手をかざすとじんわりと手の平が温かくなってくる・・・。

前回伊勢を参拝した5年前とは住んでいる街も、職場も、状況も大きく変わっている。
昔の日本人を見習って「お陰様で・・・」の気持ちを忘れずにおかげ参り。

そして、お参りの後はやっぱり伊勢うどん。

f0038727_15272143.jpg

江戸時代、歩いて伊勢を目指した参拝者に比べたら何てことない旅だけど、
早起き&長距離移動で疲れた体に伊勢うどんは優しく沁みわたる。

さて、この日はそのまま鳥羽まで移動。

旦那の希望で、ミキモトの真珠島へ渡り、
創業者の御木本(ミキモト)さんの生涯や真珠についてしばし勉強。

f0038727_15273468.jpg

小さな島だけど、海女さんの実演などもありなかなか見応えがあった。

f0038727_15274599.jpg

ギフトショップにずらりと並ぶ真珠のアクセサリーを横目に見つつ・・・。

結婚式の時、ウエディングドレスと一緒に身に着けたティアラがミキモト製だったけど、
そのティアラの本体価格が確か650万円だった (買えないのでもちろんレンタルにしたけど)。
形の整った綺麗な真珠を1個作るのにどれだけの手間と時間がかかるか今回良く分かった。
分かったけど・・・、そうそう買えるものでは無いので、おとなしく真珠島を後にした。

この日は近鉄でさらに移動して、鳥羽の南にある相差(おうさつ)という町に宿泊。
無人駅まで宿の方に車で迎えに来てもらい、山道を抜け何とか到着。遠かった。

f0038727_1528025.jpg

相差は漁師と海女の小さな小さな町。

f0038727_15281355.jpg

町を歩けば海女さんがワカメを干したりする光景がそこかしこで見られる。
どこを歩いても海藻が干された匂いと潮風が漂い、とってものどかだ。

でもここ最近は、「女性の願いなら必ず1つは叶えてくれる」という、
石神さんへの参拝者が後を絶たないそう。

f0038727_1734386.jpg

今回は「美味しい海の幸を思いっきり食べようじゃないか!」と言うことで、
宿は選びに選び、冨久屋さんに決めた。

小さな民宿なのに、じゃらんのお客様アンケート「料理ランキング」全国第3位というからすごい。

2人なのに夕食は個室を用意してもらえ、ゆっくりできた。
親戚の家に遊びに来たみたい。

f0038727_15282833.jpg

そして2人なのに舟盛り。鳥羽の海で獲れた鯛に鮑にサザエにイカ。
どれも信じられないくらい、新鮮でおいしい。

f0038727_15284113.jpg

伊勢エビなんてまだ生きてたし。

次々と運ばれる料理の数々に圧倒。
揚げたて車海老フライ、アワビグラタン、ウニの釜めしなどなど。

f0038727_15285193.jpg

これで1人1泊10,500円!
高級旅館やホテルも良いけど、民宿ならではの温かさがあって良かったな。

さて、翌日はまた伊勢に移動して今度は内宮へ向かう。

f0038727_1529328.jpg

おはらい町の赤福本店の座敷で一休み。
土産用の赤福よりも餅が柔らかくておいしい。

f0038727_15291486.jpg

遠くに見える山には山桜が咲いていたり、
五十鈴川沿いにはしだれ桜やソメイヨシノが咲いていたりと春爛漫の伊勢。

f0038727_15292561.jpg

内宮参拝中ず~っと、どこからともなく桜の花びらが舞い落ちてきたり、
桜吹雪が吹いてきたりと、思わず「うわ~」と声をあげてしまうほどきれいだった。

f0038727_15293841.jpg

桜吹雪、写真に撮れなかったなぁ。
でも、桜の木が見当たらない場所でも桜の花びらが沢山舞い降りてきたりして不思議だった。

f0038727_15294993.jpg

東京はすでに桜が散ってしまっていたし、伊勢に桜があるなんて知らなかったので、
今回の旅は全く桜を期待していなかっただけに嬉しい驚き。

f0038727_15321276.jpg

急遽おかげ横丁の豚捨でコロッケ、串カツ、メンチカツ、
そして屋台のやきそばなどを買い込み、ポカポカ陽気の中川沿いで花見をした。

f0038727_1530215.jpg

翌日、爆弾低気圧が三重を襲ったので、この日が本当に桜が見れる最後の日だったみたい。

最後に伊勢萬のカウンターで清め酒?を飲んで無事参拝終了。
(私は甘酒だけど・・・。)

f0038727_15301437.jpg

おかげさまで。


★伊勢志摩路番外編は下記をクリック↓↓



伊勢市駅。

f0038727_2143450.jpg

ぜんぶ赤福ベンチ。
他社を凌ぐ赤福の勢い。さすが。

願いの井戸(@ミキモト真珠島)

f0038727_215455.jpg

アコヤ貝に願い事を書いて井戸に沈めると願いが叶うらしい。

町の無人販売所(@相差)

f0038727_2152486.jpg

野菜ではなく、海藻。

海女さんの彫刻と人形(@相差)

f0038727_2153987.jpg

リアルで怖い。

切符(@近鉄無人駅)

f0038727_2155826.jpg

券売機は無く、切符はホームに「ご自由にお取りください」方式で置いてある。
そして「運賃は車内又はお降りの駅でお支払下さい」って・・・観光客には難しいシステム。

式年遷宮アイス(@おはらい町)

f0038727_2161022.jpg

良く見ると、「伊勢えびアイス」「松坂牛しぐれアイス」「伊勢うどんアイス」「ウニアイス」など。
一番ウケたのが「おはらいアイス」。フレーバーは「塩」とのこと。なるほど。

屋台で買った焼きそば。
「富士宮焼きそば 伊勢バージョン」とのこと。

f0038727_2162383.jpg

なぜ伊勢で富士宮?
そしてどこら辺が伊勢バージョンなのか最後まで分からなかった。シラス?

2日目は伊勢パールピアホテルに宿泊。
夕飯食べに出るのが面倒臭くなって、もう目の前のスーパーの惣菜でよくね?ってことに。

f0038727_217212.jpg

それでも天むす、アナゴ飯、三色おこわなどなど、
関東ではあまり売っていないような惣菜にテンションあがる。

ついでに関東ではこれまたほとんど売っていない、金ちゃんうどんを大人買い。

f0038727_2172865.jpg

カップ麺は普段食べないけど、関西出汁のこれだけは2人とも好き。
東海地方限定?白しょうゆチップスも美味しかった。

前日の夕食とのギャップがすごい。
でも、これはこれで楽しかった。


■2007年の「お伊勢参り」記事↓
http://garajapan.exblog.jp/6890416/

■2007年の「鳥羽の幸」記事↓
http://garajapan.exblog.jp/6941671/


写真販売を地味に行ってます。



もっと上手な人達の写真はこちらから。
ロイヤリティフリー。写真素材525円~。





☆人気blogランキングへ☆
[PR]
by gara_romance | 2013-04-04 15:18 | 日本
<< STAUB 料理メモ① 花と団子 in 2013春 >>


今日は人生の1ページ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
お知らせとリンク
リンクフリーです。ご意見、ご質問、連絡事項等ございましたらお気軽にコメント欄までお願いします。

写真販売を地味に行っています。

もっと上手な人達の写真はこちら。
ロイヤリティフリー。525円~。




1日ワンクリックで気軽に募金


○○ リンク集 ○○
いろとりどりのせかい
Simone Tetti's Portfolio
Whitesands@与論島
シアトル在住4年目-日々思うこと
blog atamista
My Life
半径100マイル

Flag Counter
from August, 2013

カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧