「きっと、うまくいく」
f0038727_21553572.jpg
初めてインド映画を観た。

良い意味でインド映画のイメージが覆った。

長編映画なのに中盤以降はもう泣いたり笑ったり感動して胸が熱くなったりで、
あっという間に観終わってしまったという感じ。
そして2回、3回と観てしまった。何度観ても爽快な気分になれる。
大げさではなく「自分を生きる勇気」のようなものを貰える映画。

もちろんインド映画なので歌も踊りも悪ノリもあって全体的には笑えるのだけど、
人が人として生きるためのメッセージが所々に散りばめられている。

生きる意味とは?本当の幸せとは?真の教育とは?経済成長や学歴社会が抱える闇とは?

あなたは今日、あなたの人生を生きていますか?
人として良い選択をできましたか?

そう問いかけられている気がした。

劇中何度も出て来る「アールイズウェル!」という言葉。

たぶん「All is well. = きっとうまくいく」のインド訛り。
映画を観終わった人はたぶん皆、「アールイズウェル!」と口ずさんでいるはず(笑)

主人公ランチョーが親友にかける言葉にこんなセリフがあった。

「臆病さを捨てろ!そうしないと50年後、死の床で後悔するぞ!
あの時勇気を出せば僕の人生は・・・って」

この親友が、臆病さからガチガチに身に着けていたお守りを全部投げ捨て、
堂々と前を向き、そして就職試験に挑むシーンが好きだ。
神頼みばかりして、見返りばかりを求めている人生ではなく、
人に、そして自分の人生に感謝して祈りを捧げられる人生のほうが良い。
f0038727_21151471.jpg

人生、うまくいかないことばかり。

だけど・・・『きっと、うまくいく』

人生とか幸せは、結局勝ち負けではないっていう事に気付けば、きっとうまくいく。

f0038727_22520467.jpg
いつもの部屋に花が飾られているだけでほんの少し幸せな気分になれるし、

f0038727_22521708.jpg
豪華なフレンチとかじゃなくたって、
たまに思い立ってフラッと食べに行くホワイト餃子だってとっても美味しい(月1ペース)(笑)

要は自分がどう感じるか。

人は誰かに「誰か」と比べられた時、
そして「誰か」の価値観を強要された時が一番辛いんじゃないかな。
そして何より苦しいのは「誰か」の価値観に自分ががんじがらめになってしまうこと。

だから自分を生きよう。今を生きよう。
この映画のメッセージはこれに尽きると思う。


■公式サイト「きっと、うまくいく」
http://bollywood-4.com/kitto.html
後から知ったのだけど、インドの歴代興行収入第1位だそうだ。
そしてYahoo!の映画レビュー満足度も第1位だとか・・・。
結局インドでも日本でも、抱えてる問題とか、人が求める幸せって根本は同じなんだな。




[PR]
by gara_romance | 2014-03-23 22:15 | お気に入り
<< 広島 伊香保温泉 >>


今日は人生の1ページ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
お知らせとリンク
リンクフリーです。ご意見、ご質問、連絡事項等ございましたらお気軽にコメント欄までお願いします。

写真販売を地味に行っています。

もっと上手な人達の写真はこちら。
ロイヤリティフリー。525円~。




1日ワンクリックで気軽に募金


○○ リンク集 ○○
いろとりどりのせかい
Simone Tetti's Portfolio
Whitesands@与論島
シアトル在住4年目-日々思うこと
blog atamista
My Life
半径100マイル

Flag Counter
from August, 2013

カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧