ソンナニイソイデドコヘユク。
f0038727_2345086.jpg
今年最後の更新になりそうです。。
皆様、こんなに自由気ままなブログにお付合い下さり本当にありがとうございました。

正直自分でも3ヶ月で飽きるだろうと思っていました。
でも、載せたいものは後を絶たず、記しておきたいことも山ほどあって、あれこれ考えているうちに更新が滞ったり、曖昧な表記で「???」と思われる文面も多々あったことと思いますが、ここまで続いたのもひとえに皆様のおかげです。

感謝とともに、最近私が愛読している杉浦日向子さんの「もっとソバ屋で憩う」の-まえがき-より大好きな文面を抜粋させていただきます。

最近、ほっと安らいだのは、いつ、どこでですか。
会社と家庭以外で、自分の時間を実感したのは、いつ、どこでですか。
頑張らない、背伸びをしない、等身大の自分に還れたのは、いつ、どこでですか。
そんな居場所を、日常の中に持っていますか。
たまにとはいわず、ちょいちょい憩いましょう。
ぼちぼち、うまくサボリながらやりましょう。
だって、私たちは、もう十分におとななのですから。
今日できることは、明日でもできる。どうせ死ぬまで生きる身だ。仕事をどんなに先送りしたところで、自分の人生の時間が減るわけではありません。

ソンナニイソイデドコヘユク。

つまりは、そういうことなのです。
ふだんのなかに、もっと憩いを。


江戸風俗評論家である杉浦日向子さんが、現代に生きる私達に優しく「もっと肩の力を抜いてもいいんだよ」とささやいてくれているようで好きなのです。
決して「頑張らなくていいよ」と言っているわけではなく頑張っている人だからこそ言えるこの言葉。
2006年、どこか肩の力をずっと抜けずにいた自分がいて、目的もなく焦ったり、ゴールも見えないのに走ろうとしたりと何だか空回りしていたところがありました。

仕事もその他も頑張らなくちゃいけないことは多々あるけれど、それらに呑まれてしまったら日常の小さな、、でも大切なことを見逃してしまいそうで・・・。

「忙しい」とは心を亡くすと書く・・・。まずは「忙しい」って言わない人になろうと思う。

あんまり早足で生きていると、本当に大事なひとや出来事をいつの間にか失ってしまいそう。
逆にあまりにも1つの事に囚われ過ぎていても自分を失ってしまいそう。
f0038727_095982.jpg
2007年、頑張るとき、憩うとき、両方のかけがえのない「とき」をバランスよく過ごして生きたいと思います。このブログに、来年はどんな素敵な人達や、遭遇した美しい風景を載せていけるのだろうと考えただけでワクワクしてきます。

それでは皆様、良いお年を!

正月は草津で過ごしてきます。
あと数時間後には出発だ・・・早く寝なくては。

来年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by gara_romance | 2006-12-31 00:42 | お気に入り
<< 草津でフヤケル クリスマスの奇跡 >>


今日は人生の1ページ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
お知らせとリンク
リンクフリーです。ご意見、ご質問、連絡事項等ございましたらお気軽にコメント欄までお願いします。

写真販売を地味に行っています。

もっと上手な人達の写真はこちら。
ロイヤリティフリー。525円~。




1日ワンクリックで気軽に募金


○○ リンク集 ○○
いろとりどりのせかい
Simone Tetti's Portfolio
Whitesands@与論島
シアトル在住4年目-日々思うこと
blog atamista
My Life
半径100マイル

Flag Counter
from August, 2013

カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧