タグ:双子 ( 8 ) タグの人気記事

サンシャイン満喫&立春狂言

千葉に住む友人と池袋サンシャインの59階で待ち合わせ。

双子、生まれて初めての高い場所に興奮気味。

f0038727_23110981.jpg
友人が予約してくれたキッズスペースのある、恐らく子連れしか来ないであろう地中海料理の店「ザ・テーブル」でランチ🍴
料理は本格的だけどキッズスペースを囲むように席が配置されており、子供を遊ばせながら食事が出来ると言うナイスなレストラン。
普段外食させてないので、ちゃんと食べてくれるか心配だったけど、私が頼んだタコとオリーブのペンネを二人がいたく気に入り、私の口には3本しか入らなかった😂


f0038727_23114621.jpg


友人の子供(もうすぐ4才のお兄ちゃん)が双子と遊んでくれたので飽きることなく過ごせて助かった~!
コース料理なんて何年ぶりだろう??

食後はサンシャイン水族館へレッツゴー!

前回より進歩したなぁと感じたのは、アシカショーを観てる時、おもむろに妹が観客席の前方に出て四つん這いになり、片足上げたり、片手上げて手を振ったり…な、なんとアシカの真似をし始めたこと😅
恥ずかしいのですぐ止めさせたけど💦

f0038727_23121101.jpg

友人とも久しぶりに会えて、お喋りできて楽しかったな~😃
暖かくなったら南池袋公園か上野公園でピクニックする約束もしたし、また楽しみが1つ増えた✨


f0038727_23124197.jpg


そしてそして、その数日後には狂言を観に行けた!
今住んでる市主催でなんと保育も付いており、約2年ぶりに大好きな野村萬斎さんを拝めたのだ✨なんて素敵な市なんだ(笑)
双子の変顔以外で久しぶりに笑った。


f0038727_00350305.jpg


去年は殆ど引きこもりみたいな生活してたから、今年は思い切って外の世界に飛び出すぞ!

今年の目標は双子に「生まれて初めて…」を沢山経験させてあげること✨

早速だけど来週は双子生まれて初めての温泉旅行!

どうか誰も熱出しませんように(-人-;)





[PR]
by gara_romance | 2017-02-04 23:10 | 双子

2週間遅れのX'mas

双子姉も元気になったので今更だけど…、
2週間遅れでX'masパーティー⛄🎄✨


f0038727_12315759.jpg


二人にはお子様ランチプレートらしきものを作ったけど、何しろ作り慣れてないし、ゆっくり作ってる暇はないしでビミョーな仕上がりになっちゃった💦
夫婦二人の時は居酒屋みたいなメニューばかりだったし😅

二人も見慣れないものが多かったせいか、警戒しながら食べてた。そして一番時間をかけた熊のピラフには頑として手をつけず(*_*)
ま、そんなもんよね(笑)

ケーキは1才~食べられるピジョンの手作りキットを使ったけど本やTVでしか見たことないケーキが目の前に現れてこれには大興奮✨二日間に分けてだけど結局二人で食べてしまい、大人の口には入らず。

X'masの意味はまだ理解できてないと思うけど、皆で食卓を囲んでそれなりに楽しそうだったので良かった。

プレゼントは当たり前だけどみんな2つずつ😂


f0038727_12382756.jpg


サンタさん大変😂😅💦

入院は大変だったけど、離れて過ごした間に小さいなりに思うところがあったようで、前よりもちょっとだけ相手を思いやれるようになった二人。


f0038727_22411579.jpg


喧嘩もするけど仲睦まじく遊ぶ姿も多くみられるようになり、そんな時ばかりはこちらも疲れが吹き飛ぶ(一瞬ね😂)。

来年のX'masはもっと盛り上がるかな~✨



[PR]
by gara_romance | 2017-01-19 12:28 | 双子

2017 正月

新年あけましておめでとうございます。

双子姉、12/30に急遽退院出来ることになり、何とか家族揃って正月を迎えることが出来た。

退院当日、姉を家に連れて帰ったら双子はお互いを見つけるなり歓声をあげ抱き合って「大好き💕」のポーズ。
それを見た大人達はみんなウルウル(笑)

大晦日に義父母が手作り御節などを家まで持ってきてくれたので、私は雑煮以外本当に何も作って無いけど、それなりに正月らしく過ごせて有難い限り。


f0038727_14104441.jpg


↑双子用雑煮は餅の代わりにお麩を入れた。

昨年はまだ寝がえりしか出来ず、離乳食も10倍粥しか食べれなかったのに、今年はもう走れるし、お喋りしてるし(何言ってるかはいまいち分からないが笑)、一緒に食卓囲んで半分位は大人と同じもの食べてるし、二人でケラケラ笑い合ったり小突きあったり…成長に改めて驚かされる。


f0038727_14111028.jpg


↑黒豆にハマり、二人で競いながら食べる。


f0038727_14113134.jpg


↑姉が家に帰ってから益々ひょうきんに磨きがかかる妹(右)
変顔ばかりしてる妹に姉は苦笑い。

また賑やかで慌ただしい生活が始まるけど、みんなで過ごせる何気無い日常の幸せを噛み締めながら、2017も歩いて行こう。




[PR]
by gara_romance | 2017-01-03 14:10 | 双子

X'masと川崎病

X'masも勿論病室。


f0038727_15530901.jpg


義父母がX'masプレゼント(Colemanのキッズリュック)を持ってお見舞いに来てくれた。医師からの説明にも同席してくれ心強かった。

私の弟から貰ったメルちゃん、私の母から貰ったしまじろうも一緒に付き添い入院。

サンタさんが大勢いて幸せだね。

川崎病特有の症状が半分くらいしか当てはまらず、入院してからもなかなか治療に踏み切れなくて1週間もの間40℃の高熱に苦しんだ双子姉。
X'masにやっと川崎病であるとの診断が下され(医師の間でも意見が分かれていた)血液製剤を使用した治療が開始された。
そしたら坐薬も抗生剤も全く効かなかったのに数時間で嘘のように熱が下がった。NICUに入院している時も思ったけど、日本の医療ってすごい。

今年はX'masができなかったけど、サンタさんに1つだけお願い出来るとしたら、私はやっぱり「双子姉の熱を下げて下さい」とお願いしたと思う。そして願いが叶ったからそれで全て良し!
苦しみ、そして日に日に衰弱していく我が子を見るのはとても辛かったから。


f0038727_16282438.jpg


因みに妹は二人のばぁばに甘やかされ絶好調!
私が一時間ほど家に戻った時もスリッパに夢中で私のところへ来ず(スリッパに負けた笑)、病院へ戻る時も笑顔でバイバイされた。

いつの間にか成長してて頼もしい限り037.gif

夫、義父母、母、私の弟達が完全にバックアップしてくれてるお陰で看病に専念できるこの環境は何と恵まれてることだろう。

社交的で華やかな人柄と、人並み外れた努力で色々なものを手に入れたように見える義父母も口癖のように「最後の最後に残るのは家族だけ」とよく言ってる。
結婚してからは大変なことが起こる度に身内に助けてもらい、それまでだって社会の中で独りで生きていたわけじゃないけど、味方を増やすことは生きやすくすることなんだと実感。

そして夫婦は良い意味でも悪い意味でも運命共同体か…。

子育てする中で喧嘩も増えるけど、協力しないと双子は育てられないね、と確認し合った12/19(6回目の結婚記念日)の夜から姉の具合が悪くなったのだった。


f0038727_09041331.jpg


はい、喧嘩する暇があったら協力して試練を乗り越えろってことだね( ̄▽ ̄;)

みんなが応援してるから、姉よあと少し頑張ろう!

年内に帰れるかな~?



[PR]
by gara_romance | 2016-12-27 15:51 | 双子

サンシャイン水族館と南池袋公園

動物園に続き、水族館デビュー。

サンシャイン水族館にレッツゴー🙌🙌


f0038727_13455553.jpg


初めて見る魚の大群に釘付けの二人。

年間パスポート購入したのでこれからちょこちょこ連れて行こう。
月齢ごとに楽しみ方も変化してくるだろうから、二人の反応がどのように変わっていくか楽しみ。


f0038727_13461278.jpg


一部リニューアル中の為、ビルの屋上に追いやられた?都会の中のペンギンが絵的に面白かったり、凄い勢いで小魚を食べるペリカンに双子がドン引きだったり、拍手しながらアシカショーに釘付けになってる双子を見たりと大人的にも楽しかった。


f0038727_13462782.jpg


↑姉は薄暗い中、あっちこっち動き周り魚にも興味津々。
妹は途中から暗い空間が怖くなり私に泣きながらしがみついて離れず。双子でも反応はそれぞれ。

すでにイヤイヤ期に差し掛かってる?双子を連れてのお出かけは本当~に大変で、心が折れかけることもあるけれど。
妹なんて最近流暢に「イヤだっ」と言うようになり、まだ言葉もそんなに話せないのにイヤだけはいっちょまえで笑える困る。

せっかく池袋に行ったので買い物とかしたかったけどムリ!
でも6年半のリニューアル期間を経て、今年新たに生まれ変わったと話題の南池袋公園に寄ってみたらここがすごく良かった!
広い芝生にオシャレなカフェやウッドデッキ、子供が遊べる遊具まであってまさに都会のオアシスと言った感じ。


f0038727_13470799.jpg

コンセプト?は「使う人の感性でどんどん可能性を広げ、毎日が劇場化するような公園」なんだって。
昔は暗く治安の悪い公園として有名だったけど、しばらく来ない間に池袋も変わったなー。

現在芝生スペースが養生中で立ち入り禁止だったのがちょっと残念だけど、双子も広い公園を思う存分歩き回り楽しそう。


f0038727_13473474.jpg


来年暖かい季節がやって来たら、この公園でピクニックしよう。
再来年はみんなで公園のカフェにも行けるかな?

綺麗事ばかりでは済まされないのが育児だと思うけど、日常の些細な喜びを噛みしめ、未来のささやかな楽しみを想像するだけで、きっと何とかなる。



[PR]
by gara_romance | 2016-12-12 13:44 | 日本

離乳食 ②

f0038727_00013812.jpg

・トマトパスタ
・コーンスープ
・大根と鶏挽肉の煮物
・梨


f0038727_00020806.jpg

・鯖の味噌煮
・カボチャの小豆煮
・ワカメと玉ねぎの味噌汁
・軟飯

鯖とカボチャは私の母作。
母は現在仕事をしているので忙しいけど、休みの日はちょこちょこ手伝いに来てくれる。助かる(ノД`)


f0038727_00023863.jpg

・麻婆豆腐丼
・カボチャと麩の味噌汁

麻婆の赤いのは唐辛子ではなく、トマト。なんちゃって麻婆丼。


f0038727_00030158.jpg

・卵雑炊(シラス&ワカメ入り)
・サツマイモとリンゴのポタージュ
・きな粉入りヨーグルト
・バナナ

双子がちょっと体調不良だった日の朝御飯。


f0038727_00034900.jpg

・鮭のムニエル
・豆腐(すり胡麻&青のり乗せ)
・カボチャの味噌汁
・煮野菜入り軟飯


f0038727_00041320.jpg

・シラスとワカメ入り軟飯
・ワカメ&麩の味噌汁
・サバと野菜のトマト煮込み
・ヨーグルト


f0038727_00053641.jpg

マカロニ(すり胡麻&青のり和え)
・野菜パン
・鶏団子
・人参(野菜スープで煮てる)
・スティック胡瓜
・スイカ
・コーンスープ

手づかみ食べ&フォーク練習メニュー。


f0038727_00055468.jpg

・パンケーキ(はったい粉入り)
・白桃
・きな粉入りヨーグルト

(別日)
・フレンチトースト
・バナナ
・すりおろしリンゴの手作りゼリー

月1~2日くらいはこんな朝食の日もある。
しかし、反応はいまいち💦パンケーキやフレンチトーストよりも米が好きな様子。私に似たか?


最近は途中で食べるのに飽きたり、お腹いっぱいになったりすると自分でスタイを外し、床に放り投げる(`ε´ )
更に首をブンブン横に振り「もういらない!」アピール。
二人同時にイヤイヤされると、イヤイヤしたいのはこっちだよーー‼と叫びたくなる。

でも、いつの頃からか教えてもいないのに、食べ終わったあとは二人で床掃除してくれるようになった。
除菌シートを自分で取り出し、丁寧に床をふきふきふきふき。
「キレイになったねー、ありがとう。」と言うまでずっとやってる…。


f0038727_00552893.jpg

私が毎日毎日、床掃除してるの見てないようで見てたんだね。
最近は洗濯物を干してると「あいっ!」と1枚ずつ洗濯物渡してくれたり、オムツ取り替えてるともう1人がお尻拭き手渡してくれたりとちょっと笑える助かる場面も増えてきた。

色々な人に言われるのは、双子は小さい時は手がかかるけど、双子同士で遊ぶようになったら、あっという間に手が離れちゃうよって(女の子は特に)。

今は毎日二人にまとわりつかれて大変大変!って髪振り乱してるけど、あともう少ししたら私のところへなんて呼んでも誰も来なくなりそうだな。

今しかないこの時を、もっと大切にしなくちゃ(と頭では分かっているんだけどね~)。



[PR]
by gara_romance | 2016-10-13 00:00 | 双子

離乳食 ①

子供に離乳食を作るようになって、ふと「自分が幼かった頃はどんなご飯を食べていたのだろう?」と気になりだした。
しかし母に聞いても覚えていないと言う。
双子もいつか母になった時、同じ様に知りたいと思うのかな。
高齢出産だし、その時私が生きてるかどうか分からないので(笑)記録として残しておくことにした。

昨年末から離乳食初期~中期~後期~完了期とゆっくりペースで進めてきて、最近やっと大人に近いご飯が食べられるようになってきた。長い道のりだった。

基本的に二人ともモリモリ食べてくれるので作りがいがあるけど、1才児がお行儀良くご飯を食べてくれるはずもなく…、
更にそれが2人ともなると収拾がつかない程ハチャメチャになることもザラ。

せっかく作ったご飯を皿ごとひっくり返されたり、スプーンの取り合いで喧嘩になったり、食べカスまみれの手で洗髪始めたり、口に含んだ食べ物を私に向かって「ブーーッ」と飛ばしてきたり(#`皿´)
食べ物が散乱したテーブルや床の掃除も1日3回×毎日。

「これはきっと修行なんだ」と自分に言い聞かせ、精神鍛練の時間と思うようにしている(笑)

それでも残さず食べてくれるとガッツポーズしたくなるほど嬉しいし、小さかった2人がどんどん成長していく姿を見るのは喜びでもある。

たまに作るの失敗して不味いご飯出すと二人に険しい顔されたりするけど、下記メニューはわりかし好評だったもの(^o^;)


f0038727_00062837.jpg

・野菜たっぷりオムレツ
・大豆と鶏ひき肉のトマト煮込み
・軟飯

洗い物を少しでも減らそうとワンプレート盛りにしてみた。


f0038727_00065907.jpg

・サバと五目野菜の餡かけ丼
・豆腐のカボチャペースト和え
・果汁100%の手作りゼリー

餡かけはその他、カレイ、サワラ、鮭などでも作ったが良く食べる。魚は予め茹でこぼし、鰹出汁で煮てるのであまり生臭くないハズ。


f0038727_00072373.jpg

・メカジキと野菜のトマトパスタ

二人の機嫌が悪く作る時間が無い時は一品料理になることも。ただし野菜は常時6種類以上は摂れるようにしている。その他、素麺、うどんも度々登場。

※月に数回STAUBで野菜スープを大量に作り小分けして冷凍保存。味付けを変えてそのままスープとして出したり、オムレツに入れたり、餡かけにしたり、麺類の出汁に使ったり雑炊に入れたりと毎食活躍。STAUBで煮ると野菜が甘くなるのか双子にも好評。鰹出汁も常に冷凍保存している。


f0038727_00074642.jpg

・大豆と鶏挽肉のトマト煮込み(スプラウト乗せ)
・コーンポタージュ


f0038727_22081947.jpg

・オムライス(たっぷり野菜&鶏肉入り)
・ブロッコリー
・カボチャスープ
・スイカ(写真なし)


f0038727_00085735.jpg

・4種の豆とツナのトマト煮込み
・パンプキンポタージュ
・軟飯


f0038727_00081560.jpg

・お好み焼き
・枝豆
・ブロッコリー
・スイカ
・巨峰

手づかみ食べ練習メニュー。お好み焼きには豚挽肉、キャベツ、小松菜、桜海老などが入ってる。


果物に目がない姉が自分の皿の巨峰を全部平らげ、更に妹の分まで狙う図。

f0038727_00133302.jpg

姉(左):ね~ね~、これちょーだい💕

f0038727_00135278.jpg

妹(右):ダメー!

f0038727_00141097.jpg

姉:手、ジャマ!

f0038727_00142918.jpg

妹:えーん、助けてー!!

結局姉に半分以上巨峰(スイカも)取られた。
しかも自分が食べたくないお好み焼きを妹の皿に投げ込むあたり。
妹の方がひょうきんで活発だけど、姉の方が力関係は上。
食事の時間と言えども双子にとってはサバイバル。

私の修行はまだ当分続きそう…。

f0038727_13503230.jpg

大人のご飯は相変わらず手抜き。
この日はオムハヤシ。

早くみんなで楽しく食卓を囲める日が来ると良いな058.gif
料理の腕を磨かなくては。





[PR]
by gara_romance | 2016-09-05 00:12 | 料理メモ

双子出産について

支援センターで夫と双子が遊んでる間に、私はすぐ近くのカフェへ。
束の間の休息(滞在時間15分ほど)。
1人でお茶するのなんて一体いつ以来だろう!?

f0038727_00083041.jpg

一息ついたら色々なことがフラッシュバックしてきた。
この1年、ただただ目の前で泣いている赤ん坊の世話をするのに必死で、後ろを振り返る余裕も無かったから。せっかくなので少しだけ記録しておこうと思う。
現在双子妊娠中で不安を抱えている方など、どなたかの参考になれば幸いです。

思えば妊娠8か月で管理入院したわずか数日後、妹の羊水が少なくなりだしたのと、エコーで二人の間に成長差が見られるから危険(300g位差があると言われた推定体重、結局出してみたら4gしか差が無かった!エコー当てにならん💦お腹の中でちゃんと栄養分けあってたんだね 涙)、もう出しちゃえ!となり、緊急帝王切開宣告からわずか二時間後には生まれていたという慌ただしい出産だった。

家族の到着も間に合わないまま、あれよあれよという間に手術室に運ばれ、私は泣きながら手術台に乗せられたんだった。
この時まだ30週に入ったばかり。こんなに早く生んでしまい、この子達は本当に元気に生きていけるのだろうか、そう考えたら気が動転した。
でもお腹を切る前に看護師さんが双子の力強い心音を聞かせてくれ、頑張って生きてる二人に励まされ正気に戻った。

そんなこんなで生まれた双子は体重1400g台と小さな小さな体だったけど、まさかうちの子?と耳を疑うほど大きく元気な産声を聞かせてくれた。
その後体重が増えるまで1ヶ月半入院したけど、「泣き声の大きさは病棟一!お腹が空くのもいつも一番乗り!」と看護師さん達に笑われるほど元気だった。

1歳を迎える頃には体重も10キロを超え、普通に生まれた子達の標準を上回る成長ぶり。
何が言いたいかというと、どんな赤ちゃんも大人が思っているよりずっと逞しくて、頑張り屋だと言うこと。二人がNICUに入院している間、様々なリスクやハンデを抱える赤ちゃんとその家族を沢山見てきた。中にはうちの子の半分ほどの大きさの赤ちゃんもいた。

でも、どの赤ちゃんも懸命に生きていた。
赤ちゃんを支える家族の姿もまた懸命だった。

帝王切開後の痛む腹を抱えながら1ヶ月半、ほぼ毎日自転車で片道30分かけ、病棟に母乳を届けに通った日々は今思い返してみても特別な時間だった。
うちが双子だからなのか、私の要領が悪いのか、エンドレスで続く世話に、育児が辛いと感じることもあるけれど、あの頃の双子の頑張りを思い出すと私も負けてられないと思える。
そして今もきっと、あの時出逢った赤ちゃんやその家族もどこかで頑張ってるんだと思うと勇気が出る。

生産期までお腹で育ててやれなかったと言う申し訳ない気持ちはずっと心に残っているけど、そんなことはお構い無しに双子は今日も元気いっぱい。

f0038727_14125471.jpg
↑ 姉より先に風呂から出して着替えさせたはずの妹をふと見ると、この状態でスクワットしてた。

f0038727_14145978.jpg
↑ いつも何かかぶってる(主に妹)

f0038727_14143288.jpg
↑ 猛暑の日もくっついてる双子。
妹の上でポータブルDVDの説明書に目を通し満足気な姉。


双子を生かしておくだけで精一杯のハチャメチャな毎日。
でも、いつか二人が大きくなった時に「双子で良かった\(^-^)/\(^-^)/」と言ってくれたらそれだけで母ちゃん救われる。



[PR]
by gara_romance | 2016-08-16 14:22


今日は人生の1ページ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
お知らせとリンク
リンクフリーです。ご意見、ご質問、連絡事項等ございましたらお気軽にコメント欄までお願いします。

写真販売を地味に行っています。

もっと上手な人達の写真はこちら。
ロイヤリティフリー。525円~。




1日ワンクリックで気軽に募金


○○ リンク集 ○○
いろとりどりのせかい
Simone Tetti's Portfolio
Whitesands@与論島
シアトル在住4年目-日々思うこと
blog atamista
My Life
半径100マイル

Flag Counter
from August, 2013

カテゴリ
以前の記事
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧